2008年03月13日

(72+13)+2+0/(89+15)+2+2

日常生活で出逢った中高大の友人、親友たちは、ちょっと把握しきれないので、
非日常生活で出会った人たちのみの人数だけれども・・・

分母は、38メンバー(研修生、団役員)、旅の大事な人たち、沖縄の大事な人たち
分子は、船降りてから、西日本鈍行列車の旅終了までに再会を果たせた人数

38メンバーは、酒飲んだり、遊んだり、語り合ったりした人数だと少し減っちゃうけれど・・・

旅の大事な人たちは、一期一会にならず今でも連絡を取り合ってる人たち
日本一周の旅が終わって、今年の9月で2年が経つ
船降りてからは、二人とは数回逢うことができた

沖縄の大事な人たちは、大学2年春休みの研修先で出逢った兄貴分の人たち
日本一周の旅のときに久しぶりの再会を果たすことができたけれど・・・
船降りてから、逢えていないことが、本当に残念・・・


船降りてからは、新しい出逢いよりも、今までの出逢いを大切にしたいと思った
それは、なんでだろうか

船降りてから、何度も自問自答、飲みながらみんなに何度も話していくうちに理由が浮かび上がってくる
その理由が、うまく表現できるかわからないけれど・・・


来月4月から、新しい生活が始まることは、去年の船乗る前から決まっていたことだ(船んなかでは話してないけど)
新しい出逢い、新しい出来事、やらなければならないことなどなど・・・
そして、この生活のため、いままでのような生活はできなくなる

それが、とても不安だ
今も不安だ

日本一周の旅が終わって、やっと見つけられた自分の生きていきたい道。
そのための来月からの新しい道なのに、なんだかわからない不安に駆られる


その不安のために保守的になってしまったのだろうか・・・
新しいことをするのに躊躇してしまう

新しい出逢いを求めて旅をすることに躊躇してしまっているのか
新しい出逢いそのものに躊躇してしまっているのか


でも、人見知りなんだよな〜(まわりからは否定されるけど・・・)
きっかけがないと、人に話しかけられないし
そのきっかけがあったとしても、話しかける勇気が必要になってくる・・・


そんな状況のなか、今までに出逢った人たちと再会するのは、楽しいし、精神的に疲れない

新しい出逢いよりも、今までの出逢いを大切にしたいと思った理由
悪い言い方をすれば、新しい出逢いより再会する方が、人付き合いが楽だから、、、かな
良い言い方をすれば、4月からは新しい出逢いが確実に待っているので、それまでは今までの出逢いを大事に、絆を深くしたいし、再会を喜びたいし、すごく楽しいから、、、かな


10日に卒業が決まり、25日に卒業式。
あともう少しだけ遊びます
posted by いさな at 15:18| 静岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。